いよいよ4K,8K放送開始まで3週間!本サイトは随時更新しております。本サイト上の「現時点」とは「2018年11月11日現在」を指しています。

4Kアップコンバート機能で地デジもブルーレイも綺麗な4K映像に!

4Kアップコンバート機能で地上デジタル放送もブルーレイも綺麗な4K映像で見よう!

4Kアップコンバート機能

4Kアップコンバート機能 (引用:東芝レグザHP)

最近のテレビの売れ筋といえば、およそ70%が4Kテレビ!

2018年12月からBS放送で4K8K放送が始まるけど、地上デジタル放送は現行の2K放送のまま。

う~ん。地デジが2K放送なら4Kテレビの意味がないじゃん!とお嘆きのあなたへ。

地デジも綺麗な4K映像で見れますよ!という耳寄りな情報をお伝えしたいと思います。

 

その秘密は、4Kテレビに付いている「4Kアップコンバート機能」!

4K映像以外の映像をその名のとおり4K相当の映像へ変換してくれる機能なんです。

 

そこで、今回は4Kアップコンバート機能について、どんなものが綺麗に見えるのかや、その性能を最大限に生かす方法、そして4Kテレビのメーカー別アップコンバート機能の性能比較についてまとめてみました。

4Kテレビをもっともっと楽しむために、知っておいて損はない内容となっています。

スポンサーリンク

4Kテレビの4Kアップコンバート機能とは

4Kアップコンバートとは(4Kアップスケーリングとも呼ばれることも)、普段見ている2K解像度程である地上デジタル放送やブルーレイのフルハイビジョン映像(1920×1080)を4K解像度(3480×2160)へ変換することで、高精細で臨場感あふれる映像を4Kテレビで見ることができる超解像技術です。

一言で表現すると、元は普通の映像なのにものすごく綺麗な映像が楽しめてしまう!というすごくお得な機能なんです。2K画質の地デジもブルーレイも綺麗な4K画質相当になるんです。

これってすごくないですか!?

アナログテレビからデジタルテレビに替わったときに、「おぉ!テレビ映像がすっごくきれいになった!」と感動した体験を覚えている人も多いのではないでしょうか。

今のトレンドである4K映像は、その時の感動を簡単に上回ってしまうほどのインパクトがあります。

まさに4K8K推進キャラクターの深キョンがCMする通り「別次元はじまる!4K8K放送!」にぴったりの衝撃を受けることでしょう。

 

このすごい嬉しい機能である4Kアップコンバート機能は、2018年12月から始まるBS4K放送ではいらない機能ですが(そもそも元が4K映像なので変換する必要がないため)、地上デジタル放送(地デジ放送)は今のところ4K化の予定はなく2K放送のままの予定です。

だからこそ、この「アップコンバート」機能が生きてきます。

地デジやブルーレイの映像に慣れてしまった今、「DVDやアナログテレビの映像なんてとても見れたものじゃない・・」と思いませんか!?

私は絶対にもう戻れません。

それと同じように、4K放送が当たり前となる12月以降は、2K放送の映像で満足できなくなる可能性がとても高い。

でも地デジは2K放送のままですから、4Kテレビの4Kアップコンバートの性能はとても肝となる機能と言えるでしょう。

 

4KアップコンバートでDVDも綺麗に見れるの?

DVDをアップコンバートした場合、当然綺麗にはなりますが、BD(Blu-ray Disc:ブルーレイディスク)ほどにはなりません。

ですので、DVDやBDをさらに4Kへアップコンバートした場合も、「4K > BD・地デジ > DVD」の順に映像の綺麗さは落ちていきます。

例えば、アップコンバート機能に定評のあるPS4で、DVDをアップコンバートしてBDと比較した動画がyoutubeにありましたので参考になるかと思います。

この動画を見ていただければわかる通り、綺麗にはなるけど完璧ではないのです。

アメリカングラフィティ-Blu-ray vs DVD(PS4アプコン)画質比較/American Graffiti

今の4Kテレビで本当に綺麗な映像を見たい場合は、ブルーレイ(2K)のさらに上をいく規格である「Ultra HD Blu-ray(ウルトラ エイチディー ブルーレイ)(4K)」が再生できる「Ultra HDブルーレイレコーダー、プレーヤー」が最も適した解決策となります。

Ultra HDブルーレイのソフトは、話題作・注目作がかなり充実していきいるのでチェックしてみてください。

ソフト一覧は「4K Ultra HD ブルーレイ対応ソフト一覧」で見ることができます。

4Kテレビの4Kアップコンバート機能 メーカー画質比較

4Kテレビメーカー各社の4Kアップコンバート機能をまとめて比較してみました。

正直、各社の謳っている4Kアップコンバート機能については、言葉ではあまり有意な違いは見られません。

4Kアップコンバート機能については、一番いいのは店頭などで違いを見ることだと思います。地デジを見比べればアップコンバート機能の美しさ具合がわかるでしょう。

ただし、店頭では家と違って4Kテレビまでの距離が近いのと、照明が明るいため4Kテレビのコントラストも高めに設定していることが多いため、店での印象がそのままリビングで再現するかは微妙なところです。

例えば、店頭では少し暗い画像に見えるなぁと思ったテレビが、実は家のリビングでは一番しっくりくる色合いだったということがあるのです。

もっとも、今見ているテレビが綺麗だと感じているのであれば、同じメーカーの4Kテレビを選べば満足できる可能性は高いのではないでしょうか。

 

とはいえ、何も謳っていないメーカーよりはしっかり説明しているメーカーを購入したいもの。それでは、各社の4Kアップコンバート機能の説明と画像例を引き合いに比較してみましょう。

 

東芝 4Kレグザ

「地デジビューティPRO」「地デジビューティX」といったレグザエンジンを搭載。地デジ映像をクリアな4K映像へ変換します。

元々東芝のレグザの映像処理エンジンには定評があり、レグザファンも多数います。私もその内の一人です。

地デジのテレビ番組も、レグザの超解像技術により処理された映像は、ノイズ低減された自然な映像に仕上がっています。もちろん、ブルーレイディスクの2K映像も自然で美しい4K映像に復元できるのです。

地デジビューティPRO

地デジビューティPRO   引用:私のレグザは、美しい。

 

東芝レグザの「真の高画質」については、こちらのレグザ公式サイトが参考になります。

“KURO”の開発者も認めた!4K有機ELレグザ「X910シリーズ」の魅力!|テレビ|REGZA:東芝
東芝のテレビREGZA〈レグザ〉の公式ホームページ。“KURO”の開発者も認めた!4K有機ELレグザ「X910シリーズ」の魅力!

 

SONY 4Kブラビア

ソニーの4Kブラビアに搭載されている4Kアップコンバート機能は「4K X-Reality PRO(4K エックス リアリティー プロ)」と「X1 Extreme」いう超解像エンジンを採用。

「4K X-Reality PRO」で2K映像からノイズ除去・超解像処理を施したのちに4Kアップコンバートを行い、その後さらに「X1 Extreme」により最適な高精細化処理を実現。

超解像エンジンを2段組み合わせるという贅沢なつくりで4Kブラビアを完成度の高い4Kテレビへと導いています。

もともとソニーは業務用の4Kカメラなどを手掛けている強みがありますが、そのノウハウをわれわれ一般視聴者たちにも還元して提供してくれるところが一番のポイントです。

SONY 4Kアップコンバート機能

SONY 4Kアップコンバート機能    引用:SONY 4Kブラビア 高画質な特長

 

Panasonic 4Kビエラとディーガ

4Kファインリマスターエンジン(4Kビエラ)

4Kファインリマスターエンジン(4Kビエラ)

4Kビエラの4Kアップコンバート機能は「4Kファインリマスターエンジン」を採用。

細部までくっきりとした映像にアップコンバートされているのがわかります。

「4Kファインリマスターエンジン」の仕組み

映像ビッグデータを元に高画質化処理を行う「リマスター超解像」(単純モデルベース型)を採用。さらにFX800/FX780/FX750は、質感を高めるためにディテール部、エッジ部、フラット部を部分ごとに解析し最適にアップコンバートします。

「4Kファインリマスターエンジン」の仕組み引用:Panasonic 4Kファインリマスターエンジン

 

4Kテレビとレコーダー、どちらでアップコンバートするのがいいのか?

大手メーカー製4Kテレビの場合

地デジをアップコンバートして視聴するなら、素直に4Kテレビでアップコンして視聴するのがおすすめです。

ブルーレイレコーダーの4Kアップコンバートエンジンに比べ、4Kテレビのエンジンの方が処理能力が高いのが一般的だからです。

 

ドンキ,ノジマなどの格安4Kテレビの場合

ドン・キホーテ:情熱価格PLUS

ノジマ:ELSONIC(エルソニック)

これらの激安4Kテレビは、HDR機能も付いた10万円以下で購入できる4Kテレビとして人気を博しています。

ただし、4Kアップコンバート機能にはあまり期待できません

というのも、4Kアップコンバートというよりは、ただ単に4K解像度にアップスケーリング(画像処理というよりは画像を引き延ばし)しただけのためです。

ですので、格安4Kテレビの場合はブルーレイレコーダーでアップコンバートしてから4Kテレビに出力するのがおすすめです。

 

ちなみに格安4Kテレビは、大手メーカーの4Kテレビに比べて以下の点でコストカットをしているので注意が必要です。

それは、ネットに非対応 ということ。

せっかくの4Kテレビなので、「Amazonプライム・ビデオ」などのコンテンツを楽しみたいと思っている方も多いと思います。私もAmazon Prime会員なので無料で映画などを見て楽しんでいるのですが、それにはインターネット接続ができる必要があります。

最近の大手メーカー(東芝・ソニー・パナソニック・シャープ・LG)の4KスマートテレビはLAN接続すれば「Amazonプライム・ビデオ」を利用することができますが、格安4Kテレビではそのままでは利用できないのです。(Amazonプライム・ビデオに対応したテレビの詳細は「対応モデル」から確認できます。)

ただし、解決方法として4K対応の「Amazon Fire TV – 4K・HDR 対応」を別途購入すれば、4KテレビとHDMI接続して「Amazonプライム・ビデオ」はもちろん、「Hulu、Netflix、Abema TV、DAZN、dTV」や「Youtube」などのさまざまな動画配信サービスを楽しむことができます。

詳しい接続方法については、「Amazon Fire TVの接続方法」が参考になります。

 

ブルーレイディスク(BD)やDVDの場合

ブルーレイディスクやDVDはブルーレイレコーダーで4Kアップコンバートしたものを、さらに4Kテレビで高精細させるのが一番ぜいたくな方法です。

これについては、パナソニックの4Kビエラとディーガの組み合わせでさらに高品位な映像が見れると公式に謳われていますので説明していきましょう。

ディーガとの組み合わせでさらに高品位な映像が見れる!

パナソニックでは、ブルーレイレコーダー「ディーガ」の「4Kダイレクトクロマアップコンバート技術」と、4Kテレビ「ビエラ」の「4Kファインリマスターエンジン」の組合せにより、さらに高品位が映像に変換することができます。

特に、DIGAに録画した地デジ番組やBD(ブルーレイディスク)などの2K映像を4Kテレビで見る場合に効果を発揮します。(2K(フルHD)/4:2:0信号からダイレクトに4K/4:4:4信号を生成し、4K対応HDMIケーブルで4Kテレビへ鮮度の高いデータを伝送できるため)

 

まとめ

大手メーカー各社が力を入れて開発している4Kアップコンバート機能はどのようなものかイメージがつかめたのではないでしょうか。

2018年12月スタートのBS放送、CS放送での4K放送はもちろん、2K放送である地デジ番組も4Kテレビで美しく視聴したいものです。

格安4Kテレビでは味わうことのできない4Kアップコンバート対応の「東芝 4Kレグザ」「ソニー 4Kブラビア」「パナソニック 4Kビエラ」などを選ぶことで、4Kテレビライフがより一層楽しいものになるはずです。

 

4Kテレビのおすすめについて詳しく知りたい方は「知らぬは損!4KテレビはBS/CS 4Kチューナー内蔵テレビが絶対おすすめ!」を参考にしてください。

BS/CS 4Kチューナー内蔵テレビ
【2018年11月最新】2018年12月に開始する"新4K8K衛星放送"に対応したBS/CS 4Kチューナー内蔵4Kテレビのみを厳選!新4K8K衛星放送対応テレビは数万円の外付けチューナーが購入不要でお得!【4Kテレビを買うなら知って欲しい】

 

2018年12月にスタートするBS・CSでの4K放送の準備がまだの方は「BS・CS 4K放送の準備」を参考にしてください。

新4K・8Kを見る準備
「2018年12月開始の新4K8K衛星放送の視聴に必要なものは?」「4K(対応)テレビを持っているけど4K・8K放送は見れる?」を解決!「どんな準備をしたら4K・8K放送を視聴できるのか」をみなさんの住宅環境ケース別に分けて解説します。

 

そもそも「新4K8K放送って何!?」と疑問に思った方は、「4K8K放送のQ&Aまとめ」をご覧ください。

新4K・8K豆知識Q&A
新4K・8K衛星放送について、知っていると役に立つ豆知識と、色々な疑問に対する答えについてわかりやすく解説します。