本サイトは随時更新しております。本サイト上の「現時点」とは「2018年10月13日現在」を指しています。

アンテナ不要!光回線「フレッツ・テレビ」で新4K8K衛星放送が視聴可能に!

フレッツテレビならアンテナ不要でスッキリ!

フレッツテレビならアンテナ不要でスッキリ! (引用:フレッツ光公式HP)

 

一般的に、衛星放送はBSアンテナなどの設備工事を行い視聴するもの。

でも、これって屋根やベランダへのアンテナ取り付け工事が大変だったり、接続がよくわからないといった悩みがあったりしますよね。

 

しかし、なんとアンテナ不要で新4K8K衛星放送(地デジや従来からのBS放送・CS放送も)を見ることができるサービスが始まります

 

その名は、「フレッツ・テレビ

 

スカパーJSATとNTT東日本、NTT西日本が連携し、フレッツ光でおなじみの光回線経由で新4K8K衛星放送が視聴できるようになるんです

 

これならアンテナ工事もいらないし、「専用アダプターを接続するだけ」で誰でも簡単に見れていいですよね!

 

でも、アンテナで見るのと、光回線で見るのと何が違うのかなど、いろいろ気になることがあると思います。

 

そこで、フレッツ・テレビの概要と、アンテナ経由で視聴する方法との比較などなど、アンテナ工事なしで2018年12月1日スタートの新4K8K衛星放送が見れる方法について解説していきます。

 

フレッツ・テレビとは光回線で視聴できるテレビのこと

フレッツ・テレビとは、フレッツ光(光回線)を利用して、地上デジタル放送とBS放送、CS放送が受信できるサービスです。

 

家庭のアンテナで電波を受信するのではなく、放送事業者の専用設備で受信した放送を光信号に変換し、光ファイバーで家庭まで伝送。各家庭に設置する「ONU(光回線終端装置)」で光信号を放送波へ再度変換します。

 

このため、フレッツ光を利用した「フレッツ・テレビ」なら、利用場所の周辺環境に左右されず、受信障害の心配もないので、安定したテレビ放送を楽しめます。

 

また、大容量信号を伝送できるWDM技術を採用することで、インターネット接続スピードに影響を与えることなく、フレッツ・テレビと、インターネットの両方を快適に使用することができます。

 

複数の部屋でも視聴可能

「フレッツ・テレビ」は、パススルー方式で地上デジタル・BSデジタル放送を受信するため、テレビ端子があればどの部屋でも視聴できるなど、“アンテナ受信と同じ感覚”でテレビを楽しむことができます。

 

なお、複数の部屋で視聴する場合は、ホーム共聴工事(室内の配線工事)が必要です。 ご自身で行いたい場合は、こちらのフレッツ・テレビ導入参考資料を見てください。

 

NTT公式 フレッツ・テレビ導入参考資料

 

※資料内の「伝送帯域 70~2150MHz対応」の箇所は、新4K8K衛星放送を視聴する場合は「伝送帯域 70~3224MHz対応」へ読みかえてください!

 

3224MHz対応の設備機器は「新4K8K衛星放送に対応したSHマークのついたケーブルや分配器を紹介」のページで詳しく紹介しています。

 

フレッツ・テレビのサービス名称あれこれ

フレッツ・テレビですが、光コラボレーション事業者により様々なサービス名で提供されています。ほとんどの光コラボレーション事業者が提供しているのでオプションとして選択することができます。

 

主な光コラボレーション事業者による、フレッツ・テレビのサービス名称をあげてみます。

①フレッツ・テレビ

②ドコモ光テレビオプション

③ソフトバンク光テレビ

④ビッグローブ光テレビ

 

色々な呼び名がありますが、地デジ・BS放送などを見ることができるというサービスの中身は各社でほぼ変わりません。

 

まだ光回線を使っていない方は、インターネットも高速で快適に楽しめる、フレッツ光ドコモ光
ソフトバンク光ビッグローブ光などの光回線の申し込みが必要です。

 

光回線で視聴するメリットとデメリットは手軽さと料金

フレッツ光+フレッツテレビ

フレッツ光+フレッツテレビ(引用:フレッツ光公式HP)

フレッツ・テレビで視聴するメリット

①家の外観がスッキリ!アンテナなしだから工事もいらない!

フレッツ・テレビは、光回線で「地上デジタル放送(地デジ)」「従来からのBS放送」「CS放送」に加えて「新4K8K衛星放送(BS4K放送、BS8K放送、CS4K放送)」を受信できるのでアンテナがいりません!

 

なので、アンテナは地デジ用の「UHFアンテナ」とBS,CS用の「パラボラアンテナ(白い丸いアンテナ)」のどちらも必要ありません!

 

家の外観がスッキリするとともに、屋根上へのアンテナ設置工事や屋内へのアンテナケーブルの引き込みなど、アンテナ受信設備全般が不要となるので簡単です。

 

②雨天時でも綺麗な映像

BSアンテナでの衛星放送を視聴するうえで避けて通れないのが、強い雨や雷雨などの悪天候時の受信障害です。

 

悪天候時は電波の受信レベルが低くなってしまうため、ブロックノイズといわれる受信障害が発生してしまい、クリアなテレビ映像が見られなくなってしまうんです。

 

でも、フレッツ・テレビなら地中の光回線を使って映像をテレビまで送れるので悪天候でもへっちゃらです!

豆知識(光テレビでも豪雨の時は観れないこともあるの?)

実は、フレッツの公式サイトにも小さく書いてありますが、光回線を利用した光テレビでも、かなりまれではありますが豪雨の場合は映らなくなる可能性もあるんです。

 

なぜ光回線を利用している光テレビなのに豪雨の際に映らなくなるのか?と疑問に思う鋭い方もいると思います。

 

実は、フレッツ・テレビの光回線に送られてくる映像は、スカパーJSATの受信拠点で衛星からの電波を受信したものを光回線で伝送したものなんです!

 

つまり、映像の一番の大元は結局は衛星放送をアンテナで受信しているんですね。でもこのアンテナは数メートル級の巨大なパラボラアンテナを使用しているため、一般的な家のベランダや屋根にある45cmや50cmのBS/CSアンテナとは比べ物にならないほど受信感度がいいんです。

 

なのでそうとうな豪雨でない限り、受信障害が起きる可能性はほとんどなく安心して視聴できるよう配慮されているんですね。

 

フレッツ・テレビのデメリット

①月額料金が750円かかる

フレッツ・テレビのデメリットは、ズバリ、フレッツ光のオプション代として「月額料金が750円かかること」です。

光回線テレビの月額料金例

光回線テレビの月額料金例

月額750円の内訳は「テレビ視聴サービス利用料(旧:スカパーJSAT施設利用サービス) 300円」と「フレッツ・テレビ伝送サービス利用料 450円」です。

フレッツ・テレビの月額利用料は2018年11月30日までは660円ですが、新4K8K衛星放送がスタートする2018年12月1日からは月額「750円」かかります。(NHK受信料や有料BS放送の視聴料は含まれません)

 

つまり、屋根やベランダに地デジアンテナとBSアンテナを立ててテレビ放送を受信する場合は掛からない「月額750円」を払う必要があるのです。

 

ただし、テレビが複数台あっても料金は月額750円なので、アンテナもいらずに手軽に光回線によるインターネットと併用して地デジやBS放送・CS放送を安定した画質で楽しみたい方にはチェックして欲しいサービスであることは間違いないでしょう。

 

フレッツ・テレビが、2018年6月時点で、すでに163万人以上(NTT公式ホームページ発表による)という多くの人に受け入れられていることからも手軽で便利なうれしいサービスと言えるでしょう。

 

②提供エリアが限られている

また、隠れたデメリットとして、フレッツ・テレビの提供エリアが日本全国ではないということがあります。

2018年7月現在、フレッツ・テレビの提供エリアは、以下のようになっています。

NTT東日本

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部地域。

NTT東日本のフレッツ・テレビ提供エリアはこちらで確認できます

NTT東日本 公式HP

NTT西日本

大阪、和歌山、京都、奈良、滋賀、兵庫、愛知、静岡、岐阜、三重、広島、岡山、香川、徳島、福岡、佐賀の各府県の一部地域。

NTT西日本のフレッツ・テレビ提供エリアはこちらで確認できます

NTT西日本 公式HP

 

エリア外の方は申し訳ございません。NTTさんに代わって謝ります m(__)m

 

逆に、フレッツ・テレビの提供エリアにお住いの方はサービスが提供されているのでメリットともいえるかもしれませんね。

キャッシュバックがあるこちら↓から申し込みするのが大変お得です。



 

フレッツ・テレビで新4K8K衛星放送を見る方法

フレッツ・テレビで新4K8K衛星放送(4K本放送)を視聴する方法は2ステップで完了です。

 

(1)フレッツ光(光回線)を申し込み、オプションでフレッツ・テレビを申し込む。

(2)「新4K8K衛星放送が受信可能な4Kテレビ」、または「4K対応テレビ と新4K8K衛星放送対応チューナー」を用意する。

 

※4Kテレビは、2018年6月に東芝が日本初の4K本放送を受信できるチューナーを内蔵した4Kレグザを販売開始しました。ただし、2018年5月以前に販売された4Kテレビ,4K対応テレビは4K本放送を受信できるチューナーが内蔵されていません。東芝以外の4Kテレビは、2018年7月現在も4K本放送を受信できるチューナーが内蔵されないまま販売されています。このため別途、新4K8K衛星放送対応のチューナーが必要です。

4K本放送を受信できるチューナーを内蔵した4Kテレビはこちらで詳しく紹介しています。

BS/CS 4Kチューナー内蔵テレビ
【2018年10月最新】2018年12月に開始する"新4K8K衛星放送"に対応したBS/CS 4Kチューナー内蔵4Kテレビのみを厳選!新4K8K衛星放送対応テレビは数万円の外付けチューナーが購入不要でお得!【4Kテレビを買うなら知って欲しい】

新4K8K衛星放送対応のチューナーについてはこちらで詳しく紹介しています。

4K・8K外付けチューナー
新4K8K衛星放送対応のBS4Kチューナーの機能・価格・販売時期も比較解説!全機種まとめて紹介します!4K放送を4Kテレビで楽しむにはBS・CS110度 外付け4Kチューナーが必要です。受信機を用意して別世界を楽しもう!

 

 

また、視聴したいチャンネルによっては、専用アダプターのレンタルが必要になります。

この詳細については、NTT東日本・西日本およびスカパーJSATの3社から発表された「光回線を使ったテレビサービスにおける新4K8K衛星放送対応の実現について」の参考資料にある、利用イメージ図を引用し説明したいと思います。

BS右旋4K放送を視聴したい場合

BS右旋4K放送チャンネル

BS右旋4K放送チャンネル

フレッツ・テレビでのBS右旋4K放送チャンネル利用イメージ図

フレッツ・テレビでのBS右旋4K放送チャンネル利用イメージ図

BS右旋4K放送NHK BS4K、BS朝日 4K、BS-TBS 4K、BSジャパン 4K、BSフジ 4K、BS日テレ 4K)の6チャンネルを見たい方は、(1)または(2)を用意することで視聴できます。

(1)新4K8K衛星放送が受信可能なBS4Kチューナー内蔵テレビ

(2)4K対応テレビ と 新4K8K衛星放送対応チューナー

 

 

BS/110度CS左旋4K・8K放送を視聴したい場合

BS・110度CS左旋4K・8K放送チャンネル

BS・110度CS左旋4K・8K放送チャンネル

フレッツ・テレビでのBS・CS左旋4K・8K放送チャンネル利用イメージ図

フレッツ・テレビでのBS・CS左旋4K・8K放送チャンネル利用イメージ図

BS/CS左旋4K・8K放送NHK BS4K、BS朝日 4K、BS-TBS 4K、BSジャパン 4K、BSフジ 4K、BS日テレ 4K)に加えて、左旋を利用するBS/CS左旋4K・8K放送(ショップチャンネル 4K、4K QVC、映画エンタテインメントチャンネル(有料)、WOWOW(有料 ※2020年12月1日開始予定)、J SPORTS 1~4(4K)(有料)、日本映画+時代劇 4K(有料)、スターチャンネル(有料)、スカチャン 1~2 4K(有料))も見たい方は、(1)または(2)を用意することで視聴できます。

(1)新4K8K衛星放送が受信可能なBS4Kチューナー内蔵テレビ と 専用アダプター

(2)4K対応テレビ と 新4K8K衛星放送対応チューナー と 専用アダプター

※専用アダプターは別途レンタル料がかかります。

※左旋を利用したチャンネルのフレッツテレビでの視聴サービス開始は2019年夏以降となっていますのでご注意ください。2018年12月から視聴したい方は、BS/CSアンテナを準備する方法をおすすめします。

 

まとめ

アンテナ工事不要で新4K8K衛星放送を見る方法として、「フレッツ・テレビ」などの光回線サービスを利用する方法があるのは、視聴者にとっては選択肢が増えてうれしいですよね。

 

アンテナ工事を自分でできる方はこちらの を参考に準備をしてみてください。

 

アンテナ工事は面倒だし、家の外観もスッキリさせたいあなたには、今回紹介したフレッツ・テレビが、かゆい所に手が届く手軽なサービスとしてピッタリなのではないでしょうか。

 

いよいよ始まる新4K8K衛星放送!開始前は申し込みが殺到して光回線開通の予約待ち日数が伸びることも予想されると思いますので、まだライバルが少ない今の内から動くのがいいと思います。

 

それでは、新4K8K衛星放送の臨場感あふれる「別世界!4K・8K放送」の準備をバッチリ決めて、開始日を楽しみに待ちましょう!