本サイトは随時更新しております。本サイト上の「現時点」とは「2018年10月13日現在」を指しています。

新4K8K衛星放送の視聴方法をまとめて解説

スーパーハイビジョンの時代が幕を開ける

4K・8K情報リーフレットより抜粋(A-PAB)

4K・8K情報リーフレットより抜粋(A-PAB)

数年前にアナログテレビから地デジに切り替わった際も「テレビが凄く綺麗になった!」と感動したものですが、今回の4K・8K放送はその時とは比べ物にならないほどの感動とインパクトを感じていただけるのではないでしょうか。

そう、それは「まるでその場にいるかのような感覚」です。それはまさに4K8K推進キャラクターである深田恭子さんが言う通り「別世界、はじまる。4K8K」という表現がぴったりの感動を体験できるのです。

新4K8K衛星放送のご紹介 深田恭子さん 4K

 

スポンサーリンク

新4K8K衛星放送(BS・CS放送)の世界へようこそ

こんにちは。衛星放送が大好きなサイト作成者の新4K8Kわかるモン(@bscs4k8k)です。

新4K8K衛星放送って何?わかりやすく知りたいけど難しそうだと思っていませんか?自分で視聴の準備をしたいけどどうやったらいいのかわからないと悩んでいませんか?

 

心配いりません。新4K8Kについての疑問や悩みもスッキリ解決できます。

  • 自分に4Kテレビが必要なのか?
  • 見たい番組・チャンネルはあるのか?
  • アンテナ交換や配線工事は必要なのか?
  • 工事は自分でできるのか?

などなど、このサイトを読めば皆さんも簡単に理解できるはずです。

 

例えば今の地デジも問題なく見れていますよね?それは数年前にあなたが地デジ対応ができたからなのです。今回の新4K8K本放送も似たようなものなので、地デジが見れているあなたなら、すんなり対応できると思います。

 

新4K8Kのことをもっと知ってみたくありませんか?

 

わたしは無線が好きで、無線の分野では最高峰の国家資格である第一級陸上無線技術士も持っています。

そんな私が最近気になったニュースは2018年12月1日から「新4K8K衛星放送(しんよんけーはちけーえいせいほうそう)」の本放送が開始されることです。

しかし、無線(衛星)が好きな私でも、新4K8K衛星放送の説明は自分から色々な情報を集めないと分かりにくいと感じました。

 

そこで、新4K8K衛星の実用放送を見る方法を誰にでも分かりやすく伝えることができたらと思い、このサイトを作成しました。

皆さんが新4K8Kを知り、興味を持ち、楽しむことができる。そんなサイトを目指しています。

 

4K・8Kとは?(4Kとは?8Kとは?)

4K8Kとは、現在の地デジなど(地上デジタル放送等)のフルハイビジョン放送(2K)に比べて、超高画質・超高精細な映像のこと。

簡単に言うと、4Kとは地デジの4倍、8Kとは地デジの8倍きれいなテレビ放送が見れるようになるんです。

4Kはフルハイビジョン(2K、約207万画素)の4倍(約829万画素)、8Kは16倍(3318万画素)もの画素数なので、50型以上の大画面でもテレビ画面の粗さが目立ちません

 

下の画像は今の地デジ等の2K放送と、これから普及していく4K放送の画像の比較です。2Kではぼやけていた輪郭が4Kでは高精細に表現されているのがわかると思います。

2Kと4Kの比較

2Kと4Kの比較

出展:A-PAB 4K・8Kサービスガイド

これをテレビの映像で比較すると、4Kテレビの映像はまるでその場にいるかのようなリアルな情景となって映し出されるのです。

こればかりは言葉で伝えるのが大変なので、実際にお店で体感していただくのが一番いいと思います。きっと驚かれること間違いなしです。

 

このように、まるで別世界かのような映像が見れる楽しさが一般的に受け入れられ始め、最近のテレビの売れ筋(3台中2台 ※1)は4Kテレビとなっており、そのテレビに適したテレビ放送がBSとCSの衛星放送で始まるのです。

 

実は40V型以上のテレビを購入されたお客様のうち、4Kテレビ(液晶テレビ、有機ELテレビ)を購入されたお客様の割合は直近の2017年1~3月で67%に到達し、

3人に2人が4Kテレビを購入されています!

テレビのトレンドは4Kへ。今後もどんどん普及していきます。

※1:出典:SONY  4Kテレビの魅力

総務省のロードマップでは、東京オリンピックが開催される2020年には、日本全体の五割の家庭で4K8K放送を楽しんでいる想定です。

東京オリンピックを前に、一気に4K放送・8K放送が盛り上がり、4K8Kを当たり前に楽しめる毎日が広がりそうです。

 

新4K8K衛星放送とは?

新4K8K衛星放送とは、2018年12月1日から始まるBSと110度CSによる4K8K衛星テレビ放送のことです。試験放送は2018年7月まで実施されますが、一般的には見ることはできません。

すでに、4K放送についてはいくつかの放送やインターネットサービスが始まっているので、それらと区別できるよう”新”4K8Kという呼び名になっています。

また、8K放送は超大画面でないとそのメリットが得られないため、なかなか一般家庭には普及しないと思います。このため、電機メーカー各社はBS4Kチューナーに力を入れて開発しているのが現状です。そこで、4K放送のみを呼称して「新4K衛星放送」と呼んだりもしています。

 

新4K衛星放送」・・4K衛星放送のみを指したものとなります。

新8K衛星放送」・・8K衛星放送のみを指したものとなります。

 

ちなみに、今まで見ていた地デジやBS放送・CS放送は、今回の新4K8K衛星放送が始まってからもそのまま継続して放送されますので、今まで通り楽しむことができます。

つまり、今までの放送にプラスして4K8K放送のチャンネルも視聴できるようになるといったイメージを持っていただけるとわかりやすいと思います。

 

新4K8K衛星放送の必要性とメリットとデメリット

新4K8K衛星放送の概要を理解いただいたところで、必要性とメリット、デメリットをまとめてみました。

必要性

今回スタートする新4K8K衛星放送ですが、位置づけとしては従来からのBS放送/CS放送の置き換えではなく、あくまで”4K専用チャンネルの追加”となります。

 

このため、テレビ放送に高画質を求めない方にとっては対応する必要がない放送と言えます。

 

しかし、数年前の地デジ化の際にも”地デジ不要論”が大きかったのを覚えている方も多いかと思いますが、今ではすっかり地デジがスタンダードとなっています。

私の両親も、当初地デジ化には消極的だったのですが、しぶしぶ地デジ対応の液晶テレビに買い替えてみたところ、それまでとは打って変わって「映像がきれいだし地デジいいわね」とすっかり満足な様子でした(笑)

 

今回の4K8K放送も、開始当初は高画質を求めるユーザー層から浸透していくと思いますが、なんといっても2020年には東京オリンピックが控えています。

総務省は東京オリンピックに向けて今回の4K放送を目玉として普及させたいと考えているため、それなりの番組が放送されるのではないかと期待しています。

 

また、すでにテレビ売り場では「4Kテレビが売れ筋」となっていることから、間違いなく高画質な4K放送がこれからの主流になっていくと考えられます。すでにインターネット配信サービスでも4K作品が充実してきており、ユーザーが4Kを求めているわかりやすい証拠だと思います。

 

今までの衛星放送(BS放送,CS放送)と違い、高画質を売りにした新4K8K衛星放送は私たちのテレビライフの楽しみを新たな次元で楽しませてくれるでしょう。

臨場感あふれるこれからのテレビに期待しましょう。

 

メリット(4K8Kの魅力である圧倒的な臨場感)

新4K8K放送を特におすすめする方は、「スポーツ中継」「映画」「世界遺産や自然などの旅行番組」「音楽ライブ」番組が好きな人です。特に、2020年には東京オリンピックが開催されますので、「東京オリンピックを目の前で見ているかのような臨場感をテレビで味わいたい!」という方は早目に新4K8K視聴環境の準備をした方がいいでしょう。

スポーツ中継では、まるで現地で生観戦しているかのような錯覚を覚えるほどの映像美を楽しむことができるはずです。

そして、いよいよ2020年には「東京オリンピック」の開催も控えています。今回のBS・CS衛星放送の本放送も東京オリンピックに向けて開始され、総務省もそれまでに多くの世帯に圧倒的な臨場感のある4K・8Kの視聴できる環境を普及させたいという想いがあるようです。

 

デメリット(4Kテレビや受信設備の準備が必要)

ただし、残念なことに「新4K・8K衛星放送は今のままのテレビやアンテナでは見ることができない」のです。

ただし、今まで通り地デジやBS/CS放送は見ることができます。下記の通り不要な工事の勧誘にはご注意ください。そのためにも当サイトを読んで新4K8K衛星放送に対する知識をしっかりつけて頂ければ安心です。

新4K8K衛星放送が始まっても、地上デジタル放送や従来の衛星放送は問題なく視聴出来ます。 「工事をしないと従来の放送も見られなくなる」といった「工事勧誘」や「詐欺まがい工事」等、悪徳商法にはご注意ください。

引用:一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A-PAB)ホームページ

 

ちなみに、アンテナ工事が不要な「フレッツ・テレビ」というサービスがあるので、こちらを利用すればアンテナ工事が必要というデメリットが1つ解消できます。

フレッツ・テレビは、光回線を利用したサービスなので、地デジやBS放送がきれいに映らないで困っている人や、家の外観をスッキリさせたい人にもおすすめです。

フレッツ・テレビで新4K8K衛星放送を視聴する方法はこちらで詳しく説明しています。

アンテナ不要!光回線「フレッツ・テレビ」で新4K8K衛星放送が視聴可能に!
アンテナ工事なしで新4K8K衛星放送が見れる方法!?そんなのあるの?実はあるんです!NTTのフレッツ光回線を利用した「フレッツ・テレビ」なら、設備工事が不要で専用アダプターを接続するだけで見ることができるんです。

 

どんな番組(チャンネル)が見られるの?

新4K8K衛星放送の開始日である2018年12月1日からは

2018年12月1日から:NHKなどBS7社8チャンネル(BS無料/公共)とスカパー!スカチャン(CS有料)

2018年12月31日から:映画エンタテインメントチャンネル(BS有料)

ここで1年ほど間が空いて・・・

2019年12月1日から:BS日テレ(BS無料)

2020年12月1日から:WOWOW(BS有料)

というラインナップ予定になっています。

 

詳しくは、こちらの「新4K8K衛星放送チャンネル一覧」ページをご覧ください。

各チャンネルごとに公式ホームページ等へのリンクもあるので、このチャンネルではどんな番組が見れるんだろう?といった疑問も楽しく解決できます。

特にNHKのスーパーハイビジョンのホームページは魅力が伝わってきますのでおすすめです。

 

新4K・8K放送チャンネル
新4K8K衛星放送チャンネル(番組)の一覧表です。BS/CS 4K8Kはまずはこのラインナップでスタートします。(一部のチャンネル・番組は放送開始スケジュールが異なりますので番組表をご覧ください。)

 

新4K・8K放送を見るためには何が必要なの?

どうしたら新4K8K衛星放送がみられるの?

BS・CSアンテナ
BS/CSアンテナ

実は、今のままでは新4K8K衛星放送は見ることができないんだ。

(2)BS・110度CSによる4K・8K放送を視聴するために

2018年12月1日から始まる新4K・8K衛星放送を見るためには、いくつか準備をする必要があります。

その理由は、今現在放送されているBS放送、CS放送とは使用する電波の周波数帯域が異なるためです。

また、映像のコーデックもMPEG-2からHEVC/H.265へ変更となるため新4K8K対応の新たなチューナーも必要となります。

CASカードに至っては、B-CASの不正改ざん対策として、B-CASカードから基板実装LSIチップの”新CAS(ACASチップ)“へと方式変更となり、新CASはカードではなくなる見通しです。

(このため、TS抜きと呼ばれる保存や、TVTsetなどのソフトを利用してのデジタルコンテンツ視聴に対し、強固な暗号化(コピーガード)対策を施す狙いもあるようです。)

 

わかりやすく例えると、数年前にアナログ放送から地上デジタル放送(地デジ)に移行する際に、「アンテナ」や「テレビ」を地デジ対応製品に買い替えたり地デジチューナーを用意する必要がありましたよね!?それのBS放送/CS放送版のようなイメージです。

みなさんのお住まいのBS受信設備や、見たいチャンネルによっても必要なものが変わってきますので、こちらの「ケース別4K8K導入ガイド」のページを参考に、4K・8K放送を視聴できるよう準備をしていきましょう。

新4K・8Kを見る準備
「2018年12月開始の新4K8K衛星放送の視聴に必要なものは?」「4K(対応)テレビを持っているけど4K・8K放送は見れる?」を解決!「どんな準備をしたら4K・8K放送を視聴できるのか」をみなさんの住宅環境ケース別に分けて解説します。

 

新4K・8K対応機器(テレビや受信機)について

新4K8K放送に対応している機器のみを厳選して紹介しています。

4Kテレビ

4Kチューナー(一部予約が開始されました!全機種比較情報や発売予定情報を紹介)

4Kブルーレイレコーダー

4K8K対応アンテナ (左旋対応が必須の新4K8K対応のアンテナを厳選!)

4K8K対応分配器、ブースターなどの受信設備

 

詳細は新4K8K対応商品のページでご確認ください。

新4K・8K対応製品
ここでは、新4K・8K衛星放送の対応製品をご紹介します。 新4K8K衛星放送に対応した4Kテレビ(8Kテレビ) 「新4K8K衛星放送」に対応したBS/CS 4Kチューナーを内蔵した4Kテレビ,8Kテレビを知りたい方はこちらの「新4K8K...

 

4K放送・8K放送の疑問を解決したい(Q&A)

「4K放送」「8K放送」について疑問に思うことがあるんだけど・・

「右旋・左旋円偏波ってなに?」

などなど、様々な疑問を解決したい方は、

こちらの「4K放送・8K放送の疑問を解決(Q&A)」のページをご覧ください。

 

新4K・8K豆知識Q&A
新4K・8K衛星放送について、知っていると役に立つ豆知識と、色々な疑問に対する答えについてわかりやすく解説します。

 

新4K8K衛星放送関連リンク集

新4K・8K衛星放送に関するリンクをまとめてみました。

このページにまとめている説明は、総務省や各メーカーの発表内容を基にしており、特に4K・8K対応製品などは最新の情報に合わせるようにしています。

新4K8K放送について

総務省 4K放送・8K放送 情報サイト

一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A-PAB)

 

BS放送の運営について

BS放送の管制も行っており、まさにBS放送を支えている会社です。

放送衛星「BSAT-4a」の打ち上げ動画なども掲載されており、あの”はやぶさ”に感動した人なら一度は見てほしいホームページの内容になっています。

BS放送がより一層身近に感じられるようになるかもしれません。

B-SAT 放送衛星システム 公式ホームページ

 

新CASについて

新CASについて(一般社団法人新CAS協議会)

 

まとめ・その他

新4K8K衛星放送に対するおすすめ方針

・新4K8K衛星放送は新たに追加される放送で、今までの放送はそのまま継続されるので臨場感あふれる映像が見たい人向けの追加コンテンツである。見たい人だけ視聴する準備をすれば大丈夫です。

・すでにテレビの売れ筋トレンドは4Kテレビなので、今後テレビを購入したい人は4Kテレビを買ったほうが後々満足できる可能性が高いです。ただし、高画質がより効いてくるのは40~50型以上のテレビなので、小さいテレビでいい人は2K(フルハイビジョン)テレビで問題ありません。(そもそも今のところ4Kテレビは40型以上しかラインナップされていないですが・・)

・2018年9月中旬現在では、4Kテレビに新4K8K衛星放送対応チューナーが内臓されている機種は東芝レグザのみです。(こちらのページで詳しく紹介しています → 東芝4Kレグザの紹介ページ

このため新4K8K放送を楽しみたい場合は、東芝4Kレグザ一択といった状況。レグザ以外の4Kテレビが欲しい方は、別途2018年秋にメーカーから新4K8K対応外付けチューナーを2~5万円ほどで購入する必要があります。わざわざテレビの横にチューナーを置くのもあれなので、レグザ以外が欲しい方はもう少しテレビ購入を待つのが賢明かもしれません。

新4K8K衛星放送対応テレビは、2018年6月に東芝から販売されたレグザシリーズが日本初となります。ただし、チューナーは内蔵されていますがCASチップ(BS/CS 4K視聴チップ)のみ開発中のため内蔵されていません。このため、東芝からテレビ購入者へ別途2018年10月以降に「BS/CS 4K視聴チップ」を送付することで、BS・110度CSの4K放送に対応する手法を採用しています。

 

更新・フィードバック

本サイトは随時更新しております。大きな更新・修正があった際は、こちらに記載していきます。

更新・修正履歴

フィードバック

内容については間違いがないよう気を付けておりますが、間違いや分かりにくい点、お気づきの点などありましたらコメント記入欄やTwitter(@bscs4k8k)でご連絡いただけると修正できるので助かります。