本サイトは随時更新しております。本サイト上の「現時点」とは「2018年10月13日現在」を指しています。

新4K・8Kを見る準備

「2018年12月開始の4K・8K実用放送(新4K8K衛星放送)を視聴するために必要な商品がわからない」

「4K(対応)テレビを持っているけど、4K・8K放送は見れるのか?」

そんな風に困っている方は多いのではないでしょうか!?

 

実は、2018年5月までに販売された4K(対応)テレビだけでは新4K8K衛星放送が視聴できないといったこともなかなか知られていません。

しかし、BS4Kチャンネル(右旋)のみを見たい場合は、受信設備(BSアンテナやテレビコンセントなど)は今までのままでも見ることができるといった、”意外と手軽”な一面もあったりします。

 

そこで、このページでは「どんな準備をしたら4K/8K実用放送(新4K8K衛星放送)が見ることができるのか」を、みなさんのお住まいの住宅環境によってケース別に分けてわかりやすく説明していきます。

 

スポンサーリンク

新4K8K放送の視聴方法早わかりチャート

今現在、4Kテレビ(8Kテレビ)とBSアンテナを”持っているか”、”持っていないか”の状況を、下のケース1~4の中から探して下さい。

今現在の状況に当てはまるケース1~4のいずれかのボタンを押していただくと、4K・8K放送を視聴するために準備が必要なモノがわかります。

ケース1:2018年6月以降に新4K8K対応チューナー内蔵の4Kテレビを購入する(した)方で、従来からのBSアンテナを持っている方

ケース2:2018年6月以降に新4K8K対応チューナー内蔵の4Kテレビを購入する(した)方で、従来からのBSアンテナを持っていない方

ケース3:すでに新4K8K衛星放送対応チューナーを内蔵していない4Kテレビ(または8Kテレビ)と従来からのBSアンテナを持っている方

ケース4:すでに新4K8K衛星放送対応チューナーを内蔵していない4Kテレビ(または8Kテレビ)を持っている方で、従来からのBSアンテナを持っていない方

 

 

新4K8K衛星放送対応チューナー内蔵の4Kテレビを購入する(した)方

従来からのBSアンテナを持っている方

新4K8K放送チャンネル(BS右旋)

新4K8K衛星放送対応チューナー内蔵の4Kテレビと、従来からのBSアンテナを持っている方で、上記チャンネル一覧の内「BS右旋で視聴できるチャンネルのみ」を見たい方は「今のままの設備で問題ありません
新4K8K衛星放送対応チューナー内蔵の4Kテレビと、従来からのBSアンテナを持っている方で、上記チャンネル一覧の「BS左旋」「CS左旋」で視聴できるチャンネルを見たい方は「新4K8K衛星放送対応のBS/CSアンテナ」が必要です。また、「アンテナとテレビ間のケーブルや分配器、ブースターなどの受信設備の更新」も必要です。

従来からのBSアンテナを持っていない方

新4K8K放送チャンネル一覧

新4K8K放送チャンネル一覧

新4K8K衛星放送対応チューナー内蔵の4Kテレビは持っているけれど、従来からのBSアンテナは持っていない方で、上記チャンネルすべてを楽しみたい方は「新4K8K衛星放送対応のBS/CSアンテナ」が必要です。また「アンテナとテレビ間のケーブルや分配器、ブースターなどの受信設備の更新」も必要です。

 

※「BS右旋で視聴できるチャンネルのみ」を視聴したい場合は、「従来からのBSアンテナ(2K対応品で安価)」と従来からのBS放送が見れる受信設備(アンテナとテレビ間のケーブルや分配器、ブースターなど)があれば視聴可能です。ただし、せっかく受信設備を準備されるのでしたら、将来を見据えて、4K8K対応製品で準備をされたほうが良いと思います。(すでに商品も4K8K対応製品がトレンドとなっています)

 

 

すでに新4K8K衛星放送対応チューナーを”内蔵していない“4Kテレビを持っている方

従来からのBSアンテナを持っている方

新4K8K放送チャンネル(BS右旋)

新4K8K衛星放送対応チューナーを”内蔵していない“4Kテレビと、従来からのBSアンテナを持っている方で、上記チャンネル一覧の内「BS右旋で視聴できるチャンネルのみ」を見たい方は「新4K衛星放送対応のBS/CS 4Kチューナー」が必要です。
新4K8K衛星放送対応チューナーを”内蔵していない“4Kテレビと、従来からのBSアンテナを持っている方で、上記チャンネル一覧の「BS左旋」「CS左旋」で視聴できるチャンネルを見たい方は「新4K衛星放送対応のBS/CS 4Kチューナー」と「新4K8K衛星放送対応のBS/CSアンテナ」が必要です。また、「アンテナとテレビ間のケーブルや分配器、ブースターなどの受信設備の更新」も必要です。

従来からのBSアンテナを持っていない方

新4K8K放送チャンネル一覧

新4K8K放送チャンネル一覧

新4K8K衛星放送対応チューナーを”内蔵していない”4Kテレビは持っているけれど、従来からのBSアンテナは持っていない方で、上記チャンネルすべてを楽しみたい方は「新4K衛星放送対応のBS/CS 4Kチューナー」と「新4K8K衛星放送対応のBS/CSアンテナ」が必要です。また、「アンテナとテレビ間のケーブルや分配器、ブースターなどの受信設備の更新」も必要です。

※「BS右旋で視聴できるチャンネルのみ」を視聴したい場合は、「従来からのBSアンテナ(2K対応品で安価)」と従来からのBS放送が見れる受信設備(アンテナとテレビ間のケーブルや分配器、ブースターなど)があれば視聴可能です。ただし、せっかく受信設備を準備されるのでしたら、将来を見据えて、4K・8K対応製品で準備をされたほうが良いと思います。(すでに商品も4K・8K対応製品がトレンドとなっています)

 

見たいテレビチャンネルから受信設備の準備をする方法

次に、見たいテレビチャンネルから受信設備の準備をして、新4K8K衛星放送を見る方法を解説します。

BS4K放送は見たいけど、WOWOWやスカパー4Kは見ない方

新4K8K放送チャンネル(BS右旋)

上図の赤枠で囲った無料,公共のBS放送(右旋)のチャンネルだけを見たいけど、WOWOW(有料)やCS放送のスカパー4K(有料)は見ないという方は、「新4K8K対応チューナー内蔵4Kテレビ(8Kテレビ)※1」と「新4K衛星放送チューナー(BS/CS 4Kチューナー)」と「既存のBS受信設備(BSアンテナ、同軸ケーブルなど)」が必要です。

今までBS放送を受信できていた方はBS受信設備(BSアンテナ、同軸ケーブルなど)は新たに準備する必要がありません。

BS4K右旋放送チャンネルが受信できるかの簡易チェックは「BS258ch Dlife(無料)が映るか確かめる」だけで判別できます。

万が一、BS258ch Dlifeが映らない場合や、視聴方法がわからない方は、こちらの「『Dlife(BS258)』が映らない!E202エラーの解決方法!」のページをご覧ください。

 

※1:新4K8K衛星放送対応チューナーを内蔵していない4KTV,8KTVを購入し、別途「新4K衛星放送チューナー(BS/CS 4Kチューナー)」を購入する方法もありますが、これから4Kテレビを購入されるのであれば、こちらの「新4K8K対応チューナー内蔵の4Kテレビ」を選択する方法がおすすめです。

 

WOWOWだけを見たい方

【注意】WOWOWの新4K衛星放送の開始時期については、他のチャンネルより2年遅い2020年12月1日で予定されています。

WOWOWだけを見たい方は、WOWOWとの契約が必要です。また、設備としては以下の視聴準備が必要です。

スカパー(110°CS)だけを見たい方

スカパー(110度CS)だけを見たい方は、スカパーとの契約が必要です。また、設備としては以下の視聴準備が必要です。

 

※なお、新4K衛星放送のスカパーエンタテイメントチャンネルは、従来からのスカパー!プレミアムサービスチューナーでは視聴できないのでご注意ください。